バーコードシステム開発

Barcode System

BOI対応 在庫管理(バーコード・ハンディターミナル)

NETCUBEでは、ハンディターミナルを活用したシステム開発をタイで展開しております。ハンディーターミナルは様々な場所や用途で使われており、その優れた性能から、業務の効率化に貢献しています。ハンディターミナルを使う目的は、管理業務に必要なデータを収集し、それを用いて業務の効率化やサービスの向上を実現するためです。NETCUBEからは、タイの日系企業様を中心にハンデイターミナルやラベルプリンタの選定、また無線対応のアクセスポイントの設置工事などの機材の手配からシステム開発まで、一連の業務を行っております。

倉庫管理(WMS)システム

タイ企業様向けハンディターミナルを活用したシステム開発、倉庫管理システム、入出荷、入出庫管理システム等、お客さまのニーズに合わせた開発を行っております。 Keyence (キーエンス)製品を中心に取扱を行っております。

ハンディターミナル

(IT化におけるメリット)

倉庫機能

(WMS機能概要)

倉庫機能一覧

CONTACT US


弊社では無料診断、無料見積を行っております。ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。
Click here

検品システム(入荷・出荷・棚卸し)

(入荷・出荷検品)

入荷・出荷データに基づき、製品が正しいか、ハンディターミナルを使用してバーコード照合を行います。入出荷場に無線LANアクセスポイントを設置すれば、製品の入出荷場所でのリアルタイムな検品が可能です。

 

(棚卸し)

在庫データを取込み、ハンディターミナルで商品の棚卸を行います。

倉庫管理

ご出荷防止システム

出荷作業時に得意先からの受注情報と製品ラベル、現品票のQRコードやバーコードをハンディスキャナーで読み込ませ品番を照合します。

自動車メーカーの出荷形態にあわせ、かんばんによるロット納入や順序納入に対応。照合の方法も得意先の受注情報や出荷指示を利用した3点照合はもちろん、かんばんのつけ間違えを防止するための2点照合に対応しています。

工程管理システム(トレーサビリティシステム)

バーコードハンディターミナルを活用して工程の開始・終了を取得し、工程の実績収集を行えるシステムです。工程の開始と終了情報をハンディターミナルを使って読み取り、実績収集を行います。システム導入により、出荷した製品の製造時における工程情報や使用素材/部材を検索でき瞬時に把握が可能となった為、取引先の信頼感や顧客満足度の向上につながります。

トレーサビリティ

倉庫・工場内無線環境構築

上位システム(基幹システム等)から入荷予定情報を取り込み、本システムにて入荷リスト(バーコード)を発行します。発行したバーコード情報をハンディターミナルで読み取り、検品処理(入荷)を行います。読み取ったデータをサーバ/パソコン等に転送することで、在庫実績数の加算、予定情報の消し込みが行われ、検品予定情報の管理が可能となります。

Find Out More